実印鑑はサインの代用

実印を持っている方は意外と少ないというデータもありますが、実印は西洋社会のサインと同じ意味をもつ重要なものです。サインをした書式のみが法的な意味をもつ西洋社会の方には日本人が実印の代わりに用いる、三文判の意味を理解することはできないはずです。

実際に日本においても実印が必要となるケースが多くあります。このような場面においては実印鑑以外の印鑑は法的な効果を持たないことになってしまいます。社会人になったら、あらかじめ実印鑑の準備をしておくほうが良いと言えます。

実印鑑が必要になってくるのは、不動産取引の場面、中古車の個人売買の場面、銀行融資の場面などがあります。この際に注意しておかなくてはならないものが、単に自分で決めた実印鑑では法的な意味がありません。住民登録をしている市区町村の役所に届け出を行ってある実印鑑であることを証明する印鑑登録も同時に必要になってくるということです。実印鑑+印鑑登録をセットにして社会人であれば用意しておくことが必要といえます。

シャチハタタイプの印鑑は実印鑑として認められないものであることも注意がひつようです。また、法的な効力の強い実印鑑の保管は厳重に行う必要があります。万一紛失なとした場合には、すぐに対応をしなければ大きなトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。実印は非常に大きな意味をもつ印鑑ということになります。同時に、実印鑑を押印する場合には十分に考えてからにしなければ大きな後悔を招くこともあり得ます。